FC2ブログ

北澤(にいやん)の想い

image_kao.jpg
「風の吹くまま、気の向くままに。」
子どもたちが自然から見つけた小さな気づきを保育者として共感すること。
その気づきを見つける過程をそっと見守り、共に育むことを森のようちえんで行っています。
森の中は一見、遊ぶものが無いようにも思えますが、子どもたちの視線に立ちほんの少し見方を変えるだけで、手を伸ばしたくなるようなものが沢山見えてきます。
私たち保育者にできることは、その場所や環境を提供することであって、その気づきをどう受け取るかは子どもたちの感覚(感性)によって様々です。
幼少期に自然に触れることで感性を豊かにし、心と体のバランスの取れた発達を促すと言われています。それに対して昨今の子どもたちは、与えられるものや情報が多く、自主的に興味を持ったことに対して納得のいくまでやり遂げるような体験が少なく感じます。
そこで森のようちえんのような子どもたちの自主性を尊重し、安心して自然に触れることのできる環境で過ごすことは成長過程においてとても貴重な時間になると考えます。
興味を持ったことに対して葛藤し躊躇してしまいそうな子どもがいた場合に、「大丈夫だよ」と優しく全てを受け入れ、見守ってくれる保育者の存在は子どもたちの可能性を広げるきっかけとなるはずです。
体験活動をサポートする上で、成功体験を積ませたいという気持ちは誰しもにあるかと思いますが、失敗体験も大切な学びになると考えています。自然の優しさに触れながら沢山の挑戦をできる場を提供し、隣で楽しいことも悲しいことも共感できる保育者でありたいと思い、日々子どもたちと関わっています。

森のようちえん担当ディレクター/北澤良太(にいやん)
スポンサーサイト
2016-01-10(Sun)
 
プロフィール

湘南自然学校 森のようちえん

Author:湘南自然学校 森のようちえん
自然がいっぱい、自由がいっぱい!元気いっぱい外遊び!

湘南自然学校は3歳(年少さんの学年)から小学2年生までの子どもたちを対象に青空保育プログラム「森のようちえん」を提供しています。
「森のようちえん」では、遊具やおもちゃは使わずに、子どもたちの自由な発想で自然の中で遊びます。子どもたちの「やってみたい!」という気持ちを大切に し、リーダーが遊びをサポートしています。リーダーが見守る安全の範囲内で、安心してのびのびと遊ぶことのできる週末活動です。

※当校は森のようちえん全国ネットワークに加盟しています。
※本ブログ内の広告バナーならびにスポンサーリンクについては、当校が推奨するものではありませんので、一切関係ございません。

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる