FC2ブログ

6/12(日)「葉っぱで遊ぼう-2-」【活動レポート】

年中~年長さんの男女8名が参加してくれた今回の森のようちえん。
新たなメンバーをたくさん迎えてドキドキの1日が始まりました。

この日のキーワードは、「葉っぱで遊ぼう!」。
駅から公園までのなが~いイチョウの並木道には、色々な葉っぱやお花が咲き並び、子どもたちは気になるものを見つけては遊び、手にしては遊びと少しずつ公園に近づきます。
IMG_0785 (640x427)

光ヶ丘公園はとても広く、私たちのお目当てにしている秘密の森もいくつか候補があり、その日のテーマや子どもたちの雰囲気によって遊び場を見定めています。
そしてこの日の遊び場に選んだのはあそこの森!?
詳しい場所は私たちと子どもたちの秘密です(笑)。

遊び場に着いてから作戦会議が始まりました。
作戦その1
「遊んでからお弁当を食べて、また遊ぶ。」
作戦その2
「お弁当を食べてから思い切り遊ぶ。」

多数決で多い方の意見に決まるかと思いきや小数派意見の子どもたちが、、、
「やっぱりお弁当を食べてから遊んだ方が楽しいね」と話をまとめ、全員の合意のもとお弁当を食べることになりました。

お弁当を食べているとレジャーシートの上にアリさんが遊びに来たり、近所のおばあさんが声をかけてくれたりと、どこに行っても子どもたちは優しく見守られています。
そんな中12時半頃から遊びが始まりました。

最初のみんな遊びは、葉っぱでジャンケン!
1人ひとりが見つけた葉っぱの特徴を活かして、1番お題に近い葉っぱの持ち主が勝ちというもの。
「さぁ、誰の葉っぱが一番大きいかな?」
「せーの!」
「はーっぱはっぱ、はっぱっぱ♪」
IMG_0810 (640x427)
このような流れで遊び進めていきました。

前半戦は、色や形、大きさなどの見た目の特徴シリーズ。
さらに後半戦では、「ふわふわな葉っぱ」、「お菓子みたいな葉っぱ」、「まるこみたいな葉っぱ」などと、子どもたちの感性に問いかけるようなお題でステップアップ。
その際、勝ち負けについても正解はないので、子どもたちで相談してどの葉っぱが勝ちかをみんなで決めました。

続いて出したお題は、「森にあるもので、にいやんの顔を作ってみよう!」というもの。
黄色いマットの上に子どもたちの集めてきた葉っぱが並び、見事に形にしてくれました。
メガネやふさふさの髪の毛、鼻の大きさなどの細かいところにもこだわりを持って描いてくれて、私の想像以上のものが完成。
嬉しかったので記念に1枚葉っぱの私とみんなで集合写真を撮りました。
IMG_0846 (640x427)

おやつを食べて元気を蓄えます。
この日はとても蒸し暑かったので、こまめに小休憩をとっていました。

その後は「隠れ鬼」が始まり、みんなで隠れて誰かが探すことが繰り返されます。
しかし、回数を重ねるごとに鬼の数が増え、終いには2人のリーダーが隠れて子どもたち全員で探す遊びに。
「ルールにとらわれず、その都度楽しいことを探すこと」はこどもたちが最も得意とすることですね。
IMG_0876 (640x427)

またとってもきれいな虫との出会いがありました。
虫を見つけたメンバーがつけた名前は「ニジイロムシ」。
その名前に誰もが納得しました。
IMG_0872 (640x427)

沢山走って遊んでからは、ふりかえりシートに楽しかったことの絵を描いたり、森で見つけたお気に入りの葉っぱをペタペタと貼りこの日の思い出をそれぞれの形に。
また終わりには、「ぼく、だんごむし」という絵本をリーダーのコスモが読み聞かせてくれました。
日本の子どもが好きな虫ランキングで、堂々1位のダンゴムシ。
真剣な眼差しでダンゴムシのお話しに引き込まれていました。

あっという間の森遊び。
解散場所ではお疲れの様子の子どもたちでしたが、それもそのはず。
大人の様に加減などはせず、全力で1日を過ごしてきた証拠です。

また遊ぼうねと最後は笑顔でお別れをしました。

にいやん





スポンサーサイト
2016-06-13(Mon)
 

6/4(土)「葉っぱで遊ぼう-1-」【活動レポート】

2回目の森のようちえんは、「葉っぱで遊ぼう」のテーマでした。
電車を降りると子どもたちの探険が早速始まります。
好き好きに虫やお花を探したり、クモの巣を枝に絡めた綿アメを作ったりと子どもたちは大忙し。
子どもたちが何かを見つけると私たちリーダーへ一生懸命にその事を教えてくれたり、中にはプレゼントしてくれるメンバーもいました。

この日の森は、公園入口付近の小さな山が沢山ある細長い森。
リュックを置いてメンバー紹介をし、ウクレレに合わせて元気いっぱい歌を歌いました。
その後は、お気に入りの葉っぱを1人3枚見つけて再び集まります。
201606052311269e7.jpg
葉っぱを使った「葉っぱじゃんけん」にチャレンジ!
ルールは簡単、にいやんが言ったお題に一番ピッタリな葉っぱを出した人が勝ちというもの。
「は~っぱはっぱ、はっぱっぱ!」の合図でマットの上にとっておきの葉っぱを出し合います。
20160605231340cbd.jpg葉っぱじゃんけんを数回繰り返すと、手元にある葉っぱでは色々なお題に勝てないことに気が付き、合間に新たな特徴を持った葉っぱを探しに行く子どもたち。
緑色の葉っぱ、赤い葉っぱ、細長い葉っぱ、虫食いの穴開き葉っぱ、パリパリの葉っぱなどお題は尽きません。。。

お弁当を食べ終わった子どもたちは一目散に葉っぱを見つけに行き、すかさずじゃんけんを挑んできました。

その他にも戦いごっこや木登り、枝を集めて小さな家作りなども楽しんでいました。
20160605231811015.jpg
20160605231702164.jpg
おやつの後には、絵本「ダンゴムシ」を鑑賞。
20160605231848550.jpg
ダンゴムシは葉っぱが大好きなこと、脱皮をして大きくなること、石やコンクリートも大好きなことを知り、より親近感が増した様子。
帰りにそっと花壇をのぞいて見ると、そこには小さな小さなダンゴムシの姿が。
また遊ぼうねとお別れして公園を後にしました。

にいやん

2016-06-05(Sun)
 
プロフィール

湘南自然学校 森のようちえん

Author:湘南自然学校 森のようちえん
自然がいっぱい、自由がいっぱい!元気いっぱい外遊び!

湘南自然学校は3歳(年少さんの学年)から小学2年生までの子どもたちを対象に青空保育プログラム「森のようちえん」を提供しています。
「森のようちえん」では、遊具やおもちゃは使わずに、子どもたちの自由な発想で自然の中で遊びます。子どもたちの「やってみたい!」という気持ちを大切に し、リーダーが遊びをサポートしています。リーダーが見守る安全の範囲内で、安心してのびのびと遊ぶことのできる週末活動です。

※当校は森のようちえん全国ネットワークに加盟しています。
※本ブログ内の広告バナーならびにスポンサーリンクについては、当校が推奨するものではありませんので、一切関係ございません。

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる