FC2ブログ

1月14日(日)「北風さんどこ行くの?」【活動レポート】

この日の朝は、家の外に置いてあるバケツに氷が張るほど冷えていました。
そんな時こそ、寒さを吹き飛ばして、外遊びへレッツゴー!!

「北風さんどこ行くの?」のテーマで、光が丘公園へ向かいました。
冬時期ならではの冷たくて、力強い風で遊んでしまおうというもの。
並木道を歩いていると、「ガサッ、ガサッ」といつもとは違う足音??
足元を見ると、その正体は霜柱でした。
その一体に霜柱が立っていて、子どもたちは足で踏んでガサガサと音を出したり、手の平いっぱいに霜柱を集めて見せてくれました。

公園内に入ってからは、池の淵で日向ぼっこをしているカモをしばらく眺めてから、遊び場へ。
リュックを置いて身軽になった子どもたちと、大きなビニール袋を広げてまずは風集め。
パンパンに膨らんだビニールロケット?を空高く打ち上げると子どもたちは一目散に追いかけます。
20180114112016320180.jpg
そして墜落した瞬間に飛びついてキャッチ!
20180114112052320180.jpg
見ているリーダーが冷や冷やするほどの全力ダイブでした(^^;)
ロケットが風に乗るとさらに飛距離を伸ばします。
また、追いかける子どもたちの体にはカラフルなヒモを張り付けて、風を体で受けながら走っていました。

お弁当を食べてからは、落ち葉での遊びが始まり、気が付くと午前中のロケットも落ち葉でいっぱいに。
20180114132433320180.jpg
徐々に遊び方が大胆になってきて、落ち葉を投げ合ったり、自分の体を埋めて遊んでいると、、、
20180114133107320180.jpg
誰かが埋まっているメンバー自身の体を焼き芋に例えはじめると、焼き芋ごっこがスタート。
ホクホクの黄色いお芋くんやあま~い紫芋くんに、やさしく落ち葉をかけて美味しく焼いてきました。
P1146480320213.jpg
1日通して、見事な遊びっぷりの子どもたち。
もちろん帰りの電車では、ぐっすりお昼寝タイムzzZ

子どもたちの自由な発想で、シンプルな1つの遊びが色々な方向へ広がった1日になりました。

にいやん
2018-01-16(Tue)
 
プロフィール

湘南自然学校 森のようちえん

Author:湘南自然学校 森のようちえん
自然がいっぱい、自由がいっぱい!元気いっぱい外遊び!

湘南自然学校は3歳(年少さんの学年)から小学2年生までの子どもたちを対象に青空保育プログラム「森のようちえん」を提供しています。
「森のようちえん」では、遊具やおもちゃは使わずに、子どもたちの自由な発想で自然の中で遊びます。子どもたちの「やってみたい!」という気持ちを大切に し、リーダーが遊びをサポートしています。リーダーが見守る安全の範囲内で、安心してのびのびと遊ぶことのできる週末活動です。

※当校は森のようちえん全国ネットワークに加盟しています。
※本ブログ内の広告バナーならびにスポンサーリンクについては、当校が推奨するものではありませんので、一切関係ございません。

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる